青森のにんにく 福地ホワイト6片種

青森のにんにく「福地ホワイト6片種」はブランドにんにくとして特別視されているにんにくです。黒にんにくの材料としても、青森のにんにく「福地ホワイト6片種」は最高のものです。

青森のブランドにんにく

にんにくの生産量日本一といえば青森県。 そんな青森の田子町(たっこちょう)で生産される「福地ホワイト6片種」は、最高級のブランドにんにくとの呼び声が高いにんにくです。

田子町以外でも青森で生産されているので、産地により特徴が多少違いますが、 「福地ホワイト6片種」は、白くふっくらとした大粒で、風味や味わいが良く、甘味をもつことが特徴です。

にんにくの育ちを左右する土つくりには、非常にこだわっており、さらにその土の安全性にも力を入れています。 にんにくに限った話ではありませんが、やはり植物なので「土」と言う存在は大切なのです。

地域によって積雪量の差はありますが、「福地ホワイト6片種」が栽培されている地域は、どこも冬には畑が雪化粧します。 そんな厳しい環境が、最高級のブランドにんにくといわれる「福地ホワイト6片種」を守り育てているのです。

冬の間雪の下で栄養をじっくりと溜め込み、雪解けの季節の春を迎えると、一気に成長を始めます。 雪の下で過酷な冬を耐え抜くからこそ、ふっくらと大きく、風味や味わい豊かなにんにくが育つのです。

姿かたちが良く大きいだけではなく、栄養価や味、香りもしっかりとした「福地ホワイト6片種」だからこそ、 青森の最高級ブランドにんにくとして、全国的に有名であり人気もあるのです。

このように、にんにくの中でも特別な青森のにんにく「福地ホワイト6片種」は、 黒にんにくの材料としても、最高のにんにくであるのは言うまでもありません。

Copyright © 黒にんにく通販
A8ネット